全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

企業価値チャンネル

ニュースリリース

富士少額短期保険株式会社

富士少額短期保険株式会社

http://www.fujishotan.co.jp
代表取締役 並木 かずえ 氏

山梨県に本社を置く唯一の保険会社、それが富士少額短期保険株式会社である。保険代理店ではなく保険商品を開発して販売している。1954年にその前身の山梨県交通安全保障協会創業。順調にお客様を増やし経営を進めてきた中、2008年に保険業法が改正され、それまでの共済事業の継続が不可能となる。移行期間はたったの1年間という厳しいルールの中、全てのお客様を新会社に移行することに成功し、新たなスタートを切った。共済時代の良い面を残しつつ、事業の進化を遂げている。
同社の主力商品は全国でも珍しい「配当付医療保険」である。少額短期保険会社は日本で100社ほどあるが、配当をしているのは全国で2社のみ。その1社が同社なのである。この有配当医療保険は、今後監督庁の認可は下りないと考えられており、これから更にその価値は貴重な物となっていくと言われている。
また、同社の特筆すべき点のひとつとして「ソルベンシー・マージン比率」の高さが挙げられる。この比率が200%以上であれば正常な保険金支払い能力があると判断されるものだが、同社の数値は4000%越であり、永年3000%以上を維持する驚異の健全性である。
同社は人の側面でも特筆すべき点を持つ。創業以来、経営理念「すべて人にあり」に基づき、人に光を当てる経営、人を大切にする経営、人に心をかける経営、人が幸せになる経営を実践。お客様に好かれる感性豊かな社員を育成する教育方針は「感性美人」を目指している。社内には感性美人研究所があるほどの徹底ぶり。
この感性が起点となって、お客様の目線にたった新たな保険商品がお目見えした。それが「医療保険ナンバーワン」塾や習い事といった子供の教育費が上がっていく昨今、働く両親が加入しやすいよう敢えて死亡保障を外し、ガンなどの入院保障を重視して、低額で入りやすい保険を発売。頑張るお父さん・お母さんから好評を集めている。
このように、山梨県民86万人の安心安全を支える地元のキラ星企業が富士少額短期保険である。

富士少額短期保険株式会社
代表取締役 並木 かずえ 氏
山梨県甲府市
電話 055−222−9119
http://www.fujishotan.co.jp