全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

企業価値チャンネル

ニュースリリース

設立にあたり

比較の購買心理

人は必ず比較をして選ぶ

人は何かを購入する時、意識的にも無意識的にも必ず比較して判断しています。
法人であっても個人であっても、絶対に比較をして決めています。
相見積りを取る、隣の商品と見比べる、スペック表を見る、キャッチコピーを読む、
評判を調べるなど、必ず「比べて」います。
これは「より良い選択をしたと納得したい」という本能を我々が持っているからです。

では、売る側の企業サイドはどうすれば自分たちの会社や商品を選んでもらえるのでしょうか。
それは、他との明確な違いが相手に伝わり、それが相手が欲することであれば、比較されて、
選んでいただけます。

あなたの会社では、お客様に「選んでいただくための理由」を
用意していますでしょうか?
正しく、はっきりと伝わっているでしょうか?
     

企業価値認定の意味とは

あなたの会社の社員さんが、どこかで自社紹介をする時…社名を言って「◯◯県で△△業をやっております」とだけ紹介しますか?その情報で、相手の方はあなたの会社に興味を持ちますでしょうか?
残念ながら興味は持たれませんよね。逆の立場ならよくわかります。

もし、その社員さんが「自慢することがおこがましい」と感じているのであれば、
「第三者から◯◯な企業であると認定されています」と言えば全く嫌味には感じられないはずです。

もうお気付きですね。あなたの会社は、「とても誇らしく、魅力的な、価値ある、素晴らしい何か」を持っています。経営のやり方、ビジネスモデル、経営理念、事業のコンセプト、お客様からの評価、地域社会からの評価、技術、企画、性能、販売の方法、接客サービス、スピード対応、環境整備、人材育成や登用方法、素晴らしい実績など、いくつもいくつもお持ちなのです。

その「素晴らしい価値、特徴、ウリ」に気付き、ありとあらゆる顧客接点で伝え、その価値を進化させ続けることで、お客様が何かと比較をした時に、あなたの会社が選ばれるために、この企業価値認定は存在します。

私たちの願い

あなたの会社が持っている、お客様や社会に強く支持される素晴らしい特徴的な価値に①気付いて欲しい、
②それを世に伝えて欲しい、そして③進化させ続けて欲しい、それによって永い繁栄を築いて欲しい、
これが私達の願いです。

高い理念や創業の志を持ち、他社にない高い技術、お客様に感動を与え続ける商品・サービスなど、
独特の経営を推進している素晴らしい企業がたくさんあります。ところが、企業自身がその特徴的な
価値に気付いていない、もしくはお客様に十分に伝えきれていないために価格競争に巻き込まれたり、
相対的に不利な状況に置かれることも少なくありません。
私達はこの状況を打破し、中小企業の発展を支えたいという思いでこの活動を続けています。

一般社団法人 企業価値協会 代表理事 武井則夫

望月顧問ご祝辞 (2017年2月2日企業価値認定式)

この企業価値認定の仕組みが始まる時から、武井代表からご相談いただきまして、「そんなことやるの?」と思いながらも見守って参りました。

私は38年間経済産業省に奉職し、その中の3年間、中小企業庁長官として中小企業政策を担って参りました。その間にたくさんの中小企業の事業家の皆様と直接お付き合いさせていただきました。大変楽しい思い出がたくさんございますし、日本の経済の中でこの皆様が生き生きと活動することで支えていることを実感いたしました。
それと同時に、事業を起こし、継続させていくことは本当に大変なことだとも感じました。と申しますのも、中小企業には強みがある反面、どこかに弱みも持ち合わせてしまっています。例えば、技術が良くても資金が足りない会社、社長の意欲は旺盛なのだが人材が必ずしも十分ではない会社、良い物を売っているのにニーズのある消費者に届けるための流通ルートがしっかりできていなかったり知名度が低くて苦戦している会社など、それぞれ弱みを持っている会社が多かった記憶がございます。

その中でも一番難しいのが、立派な中小企業の素晴らしさを世の中に伝える手段というものが少ないことだと思います。その中で、この企業価値協会が日本の特徴的な企業形態で、小さいけれども何かとても特徴がある企業を、ひとつひとつ丁寧に世に紹介して広めていく仕組みは、とても大切なことを始められたなと感じております。
この企業価値認定という制度によって、中小企業にこれからたくさんのチャンスが巡ってくることにつながると思っております。

中小企業の経営者に接し、素晴らしい魅力があり、すごいな、と思うことがございます。それは、大企業の雇われ社長とは違って、24時間仕事のこと、会社のことを考えていらっしゃることです。たとえお酒を飲んでいる時でも、遊んでいる時でも、はっとそこに仕事のヒントを見つけると急に真剣な目になっていきます。
それはどんなに上手くいっている中小企業でも、突然明日発注がゼロになるという可能性を秘めているからです。ですから社長さんたちは体験的にそのことがわかっているからこそ、常に次のことを探し、今の絶好調の商品が明日ゼロになった場合にどうやって生きていくかを考えている。

それは同時に、自らの会社の最も特徴的なことがどこにあるか、それがどれくらい持続できるかを見極めることが大事であるし、また新しい、違いのある価値を生み出していく意欲が不可欠なのです。

この企業価値認定は、3年で更新するという制度にされました。一過性の成功に終わらせないために必ず進化が必要だということなのでしょう。技術、ビジネスモデル、顧客との関係など、あらゆる角度から常に何か新しい一歩を準備して伸ばしていく努力を24時間思い続けておられる方々に認定を渡されておられます。これはなかなか良い仕組みだなと思っておりますし、きっと有効に働いてくれると期待しております。