全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


特許業務法人朝日特許事務所(更新認定)

特許業務法人朝日特許事務所

1993年設立。3つの信条①お客様の事業の活性化を通じて世界に貢献する。②知財立国日本を生み出す原動力の一つになる。③仕事と人生は一つ。 資源を持たない日本が目指すべきは知財立国。顧客の事業を見据え、共に未来を考えた知的財産戦略の中で、最善を尽くし共に知財立国を生み出す原動力でありたい。

1. 中小企業やベンチャー企業への特別指導
大企業並の知財戦略を導入、遂行して強靭な知的財産を創出、その事業の独創性を高め、日本、世界へと押し出して行く。知財戦略的企業へと生まれ変わる支援をする。

2. 特許事務所の枠を超えた!発明者の思い、願い迄を訊ね、人間力のアプローチが自慢。
発明者の心に共感して言葉を投げかけ、潜在化している発明を引き出し、見える化する技 は所員共通の力。他社は技術の理解中心、書面作成、手続代理に留まるところが殆ど。

3. 特許データベースを駆使した戦略的な知財コンサルが得意:データで業界動向を見える化。注目領域を狙ってアイデアを出し製品開拓をサポート。
特許情報を分かりやすく解説して顧客の技術者に共通認識を与え、知財活動を定着化。 これにより、ベンチャー企業のサポートでは成功事例多し。特許データベースをコンサル業務に落とし込み、ファシリテート力を発揮しながら事業戦略を後押し。企業の中に知財活動を定着させ、企業体質を変革させる活動をしている。ベンチャー企業に対しては経験値が豊富であり、特許事務所の域を超えた支援が可能になっている。全事務所の65%は、1人の弁理士による運営。チームワークが発揮できず対応に制限がでる。30名規模の特許事務所で無借金経営は殆ど聞かない。

4. 全特許事務所の上位7%に入る大規模体制で稀有な無借金経営
弁理士7名を含む、総勢30名によるチームワークで企業に魅力的な知的財産コンサルを提供。全て自己資金で賄える健全な運営。海外への視察、交流や特許データベースなどの設備投資も容易。

5. 日本のビジネスモデル特許の元祖「マピオン特許」を権利化。可能性を追求する姿勢!
地図情報と広告情報を関連付けて課金するサービスは650万人が利用する独占的地図サービスサイトに成長。本特許出願時の1997年当時は、特許対象にならない見解が体勢の中、基準に則って内容を整理すれば、必ず権利化できると確信。他の専門家が難しいという事例でも、その中に可能性を探し権利化してゆく姿勢は常に貫かれている。電動アシスト自転車、iモード通信等今は常識となった数々の技術の黎明期の特許創設に関わってきた。
このように常識を超えた権利化実績により、テレビ解説者としても活躍。弁理士によるテレビ解説は極めて少ない。「マピオン」特許で注目され、企業での講習も多い所以であろう。 特に中小企業は、当初から特許戦略を念頭において技術開発、商品開発を進める経営の有り方を推奨している。それを懇切丁寧な解説と良心的対応により支援、後押しするのである。

特許業務法人朝日特許事務所
東京都千代田区神田錦町3-15NTF竹橋ビル3階
TEL:03-5280-5001