全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


株式会社東馬

株式会社東馬

1921年創業。初代東島栄三が大川市で指物師として修業後、佐賀県旧有明町(現白石町)にて「東島木工所」として創業。戦時中、佐世保工廠(海軍艦船の修理や小艦艇の建造)の指定工場に任命される。現在ではリビングキャビネット系を中心に家具デザイン、製造、企画、製造、卸販売を行っている。「おしゃれな家具で人々の暮らしをより豊かに導き続ける企業」経営理念として様々な家具をこれまで作り、人々の生活に寄与してきた。
その特徴・差別点は次の通り:

1. 3S活動件数は、年間1,224件
3S活動(整理・整頓・清掃)を会社の文化として取り組んでいる。毎週(個人)、毎月(各部)、毎年(各チーム)で発表会を行うレベルに落とし込み、安心、安全、快適、能率的な職場形成に努めている。その効果により効率化され美化された製造現場は、お取引先数355社に対して、「返品率1%」という実績。創業98年目の信頼と評価を積み重ねている。

2. 3S活動による効果、自己資本比率91.6%経常利益率13.31%
無理無駄をなくした効率経営を実現させている。自己資本比率91.6%。カイゼン金額は8,621,000円。その結果、業界平均の経常利益率1.43%を大きく上回る経常利益率13.31%を出した。

3. 環境対策「人と環境にやさしい家具」
近年、問題となっている化学物質過敏症やヒックハウス症候群を抑えるため、空気中に出るホルムアルデヒド濃度を「気中濃度0.08ppm以下」に安全基準を設け、開発と研究を重ね「人と環境にやさしい家具」の製造に尽くしている。

4. 数々の家具の実績と賞
1921年から続く歴史ある同社はその実績と賞も数多く存在する。「黒片袖デスク」「10円玉ラック」はグッドデザイン賞を受賞。1964年には輸出向け優秀商品に選ばれる。1989年には工場の省力化の技術考案が認められ、科学技術長官賞受賞。

5. サンタフェ調のユニークな社屋
三代目社長が家具デザインを学ぶために滞在したアメリカ、ニューメキシコ州の「サンタフェ」の街並みからヒントを得て建築した社屋。質素さの中にもおしゃれ心を忘れないネイティブ・アメリカンの生き方は東馬の家具作りの「質素におしゃれに」というコンセプトに脈々と受け継がれている。

このように指物師として始まった東馬は様々な時代の流れの変化に対応していき、現在の形へと成長してきた。現在では国内だけではなく海外にも輸出しており、日本のモノづくり技術と海外の様々な文化を取り入れた商品作りで人々の生活を豊かにしている。

株式会社東馬
佐賀県神埼市千代田町直鳥1738 
TEL:0952-44-5888
http://tohma.net/