全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


株式会社タケトモ

株式会社タケトモ

1968年設立。医薬品包装。主にPTP包装が中心となり、PTPアルミとPVCフィルム両方を販売、かつPTPアルミを製造しているのは日本ではタケトモのみ。その為原理構造、お客様の要求トラブルに的確に対処出来る。専門知識を有した営業軍団。
その特徴・差別点は次の通り:

1. ICタグの日本製薬メーカーへの納入数量実績NO.1
製造を依頼しているICタグメーカーが生産数量日本NO.1の為、末端メーカーへの信頼度が高い。

2. 生産工場のクリーン度国内トップクラス
PTPアルミの生産環境はクリーン度国内トップクラス。製造現場=クラス1万~10万ft3と同業他社と比べてもその追随を許さない。

3. 世界トップクラスのアルミ箔へのコーティング技術。
薄いアルミ箔にコーティングする技術の世界トップクラスを実現。薄い箔にコーティング出来るとコストダウンに繋がる。その為、特殊な接着剤を塗ることが出来るので、特殊な資材の完成を実現した。

4. 大手メーカーが参入しづらいニッチ産業
マーケットが小さい為大手メーカーが参入して来ない。PTP・アルミ製造メーカー4社販売代理店10社PTP・PVCフィルム製造メーカー2社販売代理店10社。大手メーカーは量が多い食品包材をメインに大量生産を行っている。

5. 原理構造、お客様の要求トラブルに的確に対処出来る専門知識を有した営業軍団
海外で開催される包装関連の展示会に、販売や製造の担当者を、世界を勉強させる為に定期的に参加。また販売人材は、定期的に業界屈指のセミナーを毎年順番に受講させている。顧問群に業界スペシャリストを揃え、新製品開発を他社よりも優れた頭脳で推進。一般営業とは異なり営業推進課が全国の製薬メーカーを訪問し、新規顧客開拓を実施。その結果、病院・薬剤部の情報収集が他社よりも豊富にあり、製薬メーカーのニーズを先読みいち早く市場に合った商品開発を実現している。

以上のようにタケトモは医薬品包装、PTP包装という分野において特化しており、その技術力・情報収集能力・営業力において同業他社の追随を許さない。まさにこの分野においては国内で不動の地位を築いており、今後はアジアへの生産・製造の進出を展開。このようなニッチな特定の分野に置ける強さを発揮し続けている同社はまさに日本、そして世界に強く必要とされている会社である。

株式会社タケトモ
東京都新宿区高田馬場1-33-5
TEL:03-3209-7231