全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


ゼロフォー株式会社

ゼロフォー株式会社

2007年金属加工製品の製造原価計算ソフトの開発販売会社設立に当り、企業としてあるべき姿、想い、志が社名に託された。先ず、道を誤らぬように「誠実に、確実に、安定した企業」を目指す事が誓の言葉。志の中「ゼロ“0”」には足し算の理念を。“0”には何を掛けても“0”、しかし足し算すれば足した分だけ足跡が残る。足し算を繰り返し、一歩一歩誠実な確実な仕事をする。「フォー“4”」には、安定感と柔軟性をイメージ。机も椅子もタワーも人間も最初は4本足。季節も4つ。数学的にもクオーターといい、割り切れる一区切り。 “0”から始まり、誠実に確実な仕事を継続して柔軟な安定感のある企業を目指す。

1. 企画・マネジメント主体、他は外注する業界常識を破る独特の経営
ソフトウェア開発は多岐に亘る為、自社開発に拘らず外注化をメインに。本社は企画・マネジメントを主体に。その分野では専門的な開発企業に依頼するので、機能向上や開発期間短縮が図られ、その結果開発費用が安価に済む。

2. 独自開発商品が多い為、独自の価格設定可能
従来「製造物の価格はお客様が決めるもの」としてソフトメーカーは積極的に取り組んでこなかったが、類似商品は殆どないので独自に価格設定が行える。他社のソフトはモノ作り経験のなさから商品自体の完成度が低かった。同社の場合代表が現場経験豊富な為に画期的開発が可能となり、独自に価格が決められるのである。それが出来る同業者は極めて稀であろう。

3. 入力は簡便、出力は詳細!が評価
入力方法は直感で簡易的に・・・結果は非常に細かく算出できる点が評価されている。現場を知らない「ソフト屋さん」が開発すると細か過ぎて入力等に時間がかかるソフトを作りがちになる。

4. いち早くクラウド開発・運用
業界ではいち早くクラウド開発・運用を行っている。

5. 後発ながら業界の主たる販売店から重宝がられる
開始から4年で、業界の主たる販売店で取り扱われている。直販4割、代理店販売6割。

6. 将来展望・・・有望な将来
2018年より、業界2位、3位のCADメーカーへの原価計算ソフトのOEM供給が決定。現在接続ソフト開発中。業界トップは世界第2位の機械メーカーだが、日本のシェア残りの4割を持っている2位、3位両社にOEM出来る会社は他にない。この面で他社の追随を許さない将来性あり。

ゼロフォー株式会社
神奈川県厚木市旭町1-8-6パストラルビル3F
TEL:046-258-6327