全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

企業価値チャンネル

ニュースリリース

株式会社ティ・ディ・シー

株式会社ティ・ディ・シー

1953年創業。<TDC way 大切にする考え方>技術「できないと言わないモノづくり」~たゆまぬ技術革。新人財「一流の人材・組織を目指す」~技術・営業・サービスの最高品質。連携・ネットワーク「つながることで可能性は無限になる」主力商品・サービスは「精密加工による課題解決」研磨技術を高度化し、様々な材質・形状にナノオーダーの形状精度を実現。
その特徴・差別点は次の通り:

1. ナノオーダーの超精密鏡面加工技術は世界最高レベル
「長尺金属箔鏡面加工」「大面積ロール外周 超精密鏡面加工技術」はナノレベルの表面粗さを実現。その卓越した技術力の結果、半導体、自動車、ディスプレイ、電子機器など様々な産業分野の主に研究開発分野を顧客としている。

2.板厚t=0.001mmから0.001mmごとに±0.001または0.0005の公差で組み立て可能 東北大学と共同で表面を鏡面仕上げにした「ミラーフィットスペーサー」を開発した。鏡面に仕上げたシムは、接触面剛性の向上により挟み込んで使用する際の変位量が少なく、寸法安定性に優れている。板厚t=0.001mmから0.001mmごとに±0.001または0.0005の公差で、M2/M3用、M4用、M5用、M6用のラインナップ。

3.グローバルニッチトップ
独自の研磨技術を用いて部品や基板をナノオーダーの精度に加工できる超精密加工のオンリーワン技術を有しており、半導体・医療・ディスプレイ・光学・航空機等の分野の先端研究開発に貢献している。国内外に3000社を超える顧客を持ち、18の国と地域への販売実績がある。その一例が、半導体製造装置、電子線描画装置の心臓部にあたる部品の製作である。この装置は国内メーカー1社が世界シェアの95%以上を占め、世界の最先端半導体産業を支えている。また2014年には経済産業省からグローバルニッチトップ企業100選に認定。

4. あらゆる材質の研磨加工を受ける「できないと言わない」方針
同社の技術は、研磨技術を高度化し、様々な材質・形状にナノオーダーの形状精度を実現するものであり、多くのお客様は他社にできず、どこも出来なくて困っている加工を相談に来られる。その多くは同社にとっても簡単ではないものが多いが、「できないと言わない」という方針を掲げ、社内一丸となってできる方法を考えることとしている。加工プロセスを考え、場合によっては加工するための工具や装置も自分たちの手作りで製作して、当初不可能に見えた加工をできるように実現。
このようにあらゆる材質、形状において、ナノオーダーの精度を実現できる加工技術は国内・海外においても他の追随を許さない領域であり、グローバルニッチトップの地位を確立している。


株式会社ティ・ディ・シー
宮城県宮城郡利府町飯土井字長者前24-15
TEL:022-356-3131
http://mirror-polish.com