全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

企業価値チャンネル

ニュースリリース

一般財団法人ロングステイ財団

一般財団法人ロングステイ財団

1992 年経産省の認可により設立。国内・海外・インバウンドロングステイの普及啓蒙事業を中核として、調査研究活動を継続的に行いこれに関連する事業での自立と発展を図り、もって日本経済の発展と国民の生活価値向上、そして国際交流を通じ国際社会への貢献に寄与する日本唯一の財団である。 その特徴・差別点は次の通り:

1. 日本人のライフスタイルを変える
設立当初は92万人だった海外長期滞在者もこの25年間で約157万人に達し、現在では日本人の一つのライフスタイルとして定着。

2.海外ロングステイから国内ロングステイの積極的普及が地方創生に
2008年から国内ロングステイにも力を入れ、現在では自治体と連携を取りつつ「移住前のロングステイ」をテーマにセミナー等を開催し、地方創生の一翼を担っている

3.日本発「ロングステイ」が世界に
ロングステイという言葉は、財団の前身「余暇開発センター」が作った独自の造語!1992年財団設立以降その保護の為に商標登録を進めているが、最近では、海外における商標権確保に力を注いでいる。今では、海外でも「ロングステイ」を使う国際語として通用するようになったのは、財団の日々の地道な広報活動の賜物であろう。

4.毎年「希望国TOP10」を発表
 信頼と実績を誇る財団だからこそ、毎年「国内・海外ロングステイ希望国TOP10」の発表は毎年メディアに取り上げられている。

5. ロングステイ施設の拡充
国内長期滞在推奨施設制度―ロングステイ・アコモデーション・パートナーズの創設により、多様な施設や有休家屋や設備の有効利用が図られ、それによってロングステイ利用者の増大に寄与している。

6. ロングステイフェアイベントの継続的実施
毎年日本最大級のロングステイフェアイベントを継続的に開催している。世界を見てもロングステイに特化したイベントは、日本だけである。

7. 独自のロングステイヤー支援制度の確立
ロングステイを多くの人々に知ってもらい、ロングステイを人生の一つの楽しみ方として普及し、増加・促進させる為に、海外サロン、ロングステイアドバイザー制度を確立している。このような独自の充実した支援制度を所有する団体は他にない。

8. インバウンドロングステイの普及・促進
海外・国内ロングステイに加えて、近年ではインバウンドロングステイの普及を官民連携でスタートしている。インバウンドビジネスモデルとしての長期滞在型観光を推進できる唯一の団体で他の追随を許さない。


一般財団法人ロングステイ財団
東京都港区虎ノ門1-12-1 虎ノ門第一法規ビル7F
TEL: 03-3591-8144
http://www.longstay.or.jp/