全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

企業価値チャンネル

ニュースリリース

助成金制度推進センター

助成金制度推進センター

2016年創業。日本国内全域の中小企業を対象として、業種を問わず助成金適正活用サポートを実施。運営会社3社からなる助成金制度推進センターは中小企業の可能性をひろげ、発展に寄与することを理念とし多くの中小企業をサポートするために邁進中である。
その特徴・差別点は次の通り:

1. 失敗のない助成金支給率100%の実績
日本国内全域で申請したサポート数1000を超える実績を持っており、紹介が紹介を呼ぶサービス、事前の無料診断FAXにより確実に取れる助成金を企業にサポートすることを実現進行中。また追加料金や労度に見合わない場合の打ち切り等は無く、非常に高い透明性のある料金体系のため高い評価を獲得できている。

2. 無料診断FAXによる使いやすい助成金制度へと
厚生労働省の所管する「助成金」は約3,000種類あり、中小企業の事業主が自身の会社で助成金が受給出来るかどうかの判断を下すのは極めて困難である。そのため事前にどの助成金が受給出来るか無料で診断するFAXのサービスを協力会社である加盟店で実施。難解な助成金のハードルを下げることにより、より多くの会社が助成金を受けやすくなる取り組みを行っている。

3.運営会社3社からなる役割分担、専門化
株式会社ユニプラス・日本ESP株式会社・株式会社ナレッジマネジメント研究所からなる助成金制度推進センターはそれぞれの会社が得意分野を事業ごとに専門化して行うことにより、効率的なおかつ中小企業であってもお客様にとって充実したサポートを行うことを可能化した。

4. 金融機関対策における信用格付け診断
安定した資金繰りと堅確な経営計画を行うために銀行が融資の判断する材料の一つとなる信用格付けを診断。元銀行員による資金調達対策や交渉術のノウハウを中小企業経営者へとご提供できることから高い評価を得ている。

5. 日本国内全域のサポート体制
大都市圏や近隣商圏に留まることなく全地域をサポートすることにより地方の中小企業にも大きく貢献。また更なる展開に向けて全国各都道府県に1箇所以上の拠点作りを目指している。

このように難解な助成金制度のハードルを下げ、独自に選出したものに集中することで極めて高い支給率を誇る同社は日本各地の中小企業に強く必要とされており、今後も更なるサポート体制を築くため躍進中である。


助成金制度推進センター
京都府京都市中京区三条通新町西入ル窯座町22 ストークビル三条烏丸212
TEL:075-252-1330
http://sppo.jp