全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


しごとのプロ出版株式会社

しごとのプロ出版株式会社

2006年設立。奪うより与える、1人占めより分かち合う、1人勝ちよりみんなで勝つ、そんな姿勢でビジネスをし、正しい目標と情報を与え、励まし、行動を起こす勇気を与えて社会を変える仕事のプロを育てる。
事業内容は、相続、セールス、中小企業等に特化した教育事業、諸研修&オンライン研修、電子書籍出版、会員制や協会運営等を95%ネットによる通信販売によって行う。
元々1997年にフィナンシャルプランニングの会社を設立したが、当初3年間赤字で債務超過に。2009年の出版を機に、生保・金融業界向け研修事業に切り替え、研修のオンライン商品が当り売上急増。2013年累損一層、2015年売上1億円、2016年には3億円に。同時に現社名に変更して次の飛躍を狙う。その特徴・差別点は次の通り:

1. 社長が広告塔
生保のフルコミッションセールス時代手取り1655円のどん底から、323億円の金融商品を販売、手数料1845万円に。「逆転」が得意!著作4冊の業界有名人として特異なサクセスストーリーと圧倒的地名度で大量集客を促すのは他の追随を許さない。

2. バーチャル企業で超軽量経営
オフィス出社は1~2人、約10名の運営メンバーは月1回ミーティングと95%ネット上で仕事を進めるバーチャル企業。2年間でスタッフ同士が一度も会った事がないという話は流石に聞いたことはない。
メンバーの半数以上が子育て中のママと女性パワーを最大限生かし、外部スタッフと在宅スタッフで全てを回している超効率超軽量経営は極めて稀。

3. 革新的ビジネスモデル・収益構造
電子出版そのもので儲けるのではなく、電子書籍プラットフォームの高いSEO機能を活かしてリストを獲得、それを自動で教育し、研修やオンライン研修で販売収益を出すという出版とネット通販を組み合わせたビジネスモデルを構築、その差別化は圧倒的!

4. 高利益率の著者プロデュース業が最大の強み
著者などのコンテンツホルダーをプロデュース、電子出版や動画、Podcast等の最新媒体と組み合わせてオンライン研修等の商品を開発、そこから上がった収益を折半するモデルで原価がかからず、プロデュース側は高利益率が実現、著者も書籍印税と比べ、電子書籍+付随商品が売れた場合、従来の印税に比べ数十倍の収益が上がり、win-winの関係を実現できる。
このような独自に独創的ビジネスモデルを構築。追随企業は殆どなく、集客には困らないいわば競争のない独占企業として君臨している。

代表取締役 大坪勇二
港区高輪3-25-22 高輪カネオビル6F
TEL 03-6277-0444
http://shigoto-pro.com/