全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


一般社団法人グローバルリーダーシップコーチング協会

一般社団法人グローバルリーダーシップコーチング協会

2009年設立。グローバルに活躍出来る真のリーダー育成により日本をイノベートし、個人がもっと輝く社会の実現に貢献を経営理念とし、受講生から多国籍企業のトップを輩出するのが目標。全ての企業を対象に世界で通用するリーダー育成やコーチングを企画・実施する。その特徴・差別点は次の通り:

1. 研修の根幹は、スキル教育ではなく「人間教育」
グローバル人材育成が目的ながら、日本人としてのアイデンティティを確立した人間教育を根幹とする点が、最も際立った特徴。リーダーシップ研修会社は多いが、その多くがスキル教育(=コミュニケーションスキル、財務スキル等)を中心としている。

2. 対象は、課長職ではなく、部長職以上
欧米企業は、経営層上位になればなる程、学び成長していくが、日本の企業は課長迄のスキル教育には熱心だが、経営者教育が疎かになっている。一般の研修会社では課長職迄のスキル教育中心が多い中、GLCでは部長職以上を対象に、少人数で実践的な経営者教育を実施する。しかも、経営者としての覚悟やリーダーシップを身に付けさせるだけではなく、「一生学習」の重要性も理解させ、実践意欲を促進する。

3. メイントレーナー及びコーチング講師陣全員がグローバル経営者経験と実績あり
メイントレーナーの中島一会長・藤井義彦代表理事は共に一流企業経営者を務めた後、外資系のトップをも務め、豊富な経験と華麗な実績を有する真のグローバル経営者。更に講師陣全員が異なった世界で多様な企業や分野でのグローバル経験を積む。受講者は自然とグローバルな視点での考え方や実践方法両面を学べる。実はここに他社の追随を許さない最も大きなポイントありる。

4. 独創的でホーリスティックなプログラム
既存理論の寄せ集めが多い中、GLCは独自開発の「リーダーシップ5要諦」に体系化、影響力の高いリーダー養成が柱。特に品位・品格を初めとする「人間性とセルフリーダーシップ」を影響力の源泉と定義、ホーリスティックな領域にも踏み込む。

5. 全て英語での授業を開始
これを今後、更に次元の高い人材育成研修へと高度化し、差別化も進むであろう。

6. 受講企業、受講者の多様性とその後のネットワーク化
大小、同族、外資系と多岐に亘る受講者が学ぶ年20名限定「リーダー養成講座」卒業生約80名がネットワーク化し、更なる勉強会・交流会等業界の枠を超えて強固な絆で繋がる。今後一大グローバル経営者の集いと発展しよう。

7. 世界的エグゼクティブコーチングプロ「ジム・バグノーラ博士」との提携
同博士は、グローバルスピーカー協会等の認定プロスピーカーでもあり、この連携がGLCの差別化を更に際立たせている。
以上から、日本発のリーダーシップを世界に広める事を将来計画とし、アジア・御欧米での開催も視野に入れている。特に女性リーダー養成にも注力し世界との連携を図る。

代表理事 藤井義彦
東京都港区六本木4-5-3 六本木453ビル2F
Tel 03-5413-3026
https://www.gl-coaching.com/