全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


株式会社安城自動車学校

株式会社安城自動車学校

http://www.coaradrive.com
代表取締役社長 石原 慧子 氏

愛知県は自動車の生産量だけでなく、県民の自動車の保有台数も全国1位。しかし、その陰には10年以上連続で死亡事故者数ワースト1位という悲しい側面も持つ。その中で日々「日本で一番事故のないまちづくり」をビジョンに掲げ、交通事故減少に貢献し続けているのが安城自動車学校である。従来の自動車学校のイメージとは違い、ただ免許を取って卒業することを目的とした自動車学校ではない。
同社の活動は徹底したお客様目線から行われており、自動車学校に来る人を生徒ではなく「お客様」として捉え、数々の取り組みを徹底。現社長石原慧子氏が「自動車学校はただ卒業するために来る場所ではなく、お客様にとって楽しんでいただこう」というコンセプトから大幅に外観をチェンジ、自動車学校といえば無機質なイメージの建物が多いが、色鮮やかな居心地のいい空間として当時の常識を覆した。このコンセプトをCoaraDrive(コアラドライブ)としてまとめ、動物のコアラをモチーフとしたイメージキャラクターを使用して普及を図っている。

同社の特筆すべき点のひとつに、永く丁寧なお客様へのサポート体制がある。入校前、ライセンスアドバイザーがお客様の自宅に伺い、親御さんや家族の方を交えて相談に乗っている。通学中、大切に育ててくれた両親のことを思い出し、感謝の気持ちを忘れずに運転する「心のブレーキ」を推奨指導。卒業式には親御さんに向けて「安全運転の誓いの言葉」と「ありがとう」の手紙を書いてもらう。卒業後も、再度インストラクターと練習することができる機会を設けている。また、交通事故の危険性を伝えるための「生命のメッセージ展」を実施、これは命の尊さを訴える全国でも初の試みである。さらに、安全への取り組みとしてISO39001を全国1200校以上ある自動車学校の中で3番目に取得をしている。こうした数々の活動の積み重ねによって、愛知県の交通人身事故率平均が1.62%に対し、同社は1.15%という低水準を実現している。

また自動車学校の枠を越える「人と安全研究所」を設立。自動車学校のノウハウを企業の事故防止に活用。新入社員からベテランドライバーまで、業種に合わせて、実際に使用している車両を用いて安全運転指導を推進している。このような自動車学校による企業への安全指導・研修は国内にほとんどなく、車を運転したことがない新入社員の増加が事故の増加につながっているため、全国から注目を集めている。 同社は地域社会への貢献活動にも積極的である。幼稚園、小中高校に出向いて交通安全教室を開催したり、聴覚障がい者や知的障がい者を広く受け入れる体制を整えたり、定休日には自動車学校のコースを解放し地元企業や自治体と連携して敷地を有効活用している。
これらの活動を支える人財も多様で、交通心理補、産業カウンセラー、運行管理者(旅客)、サービス介助士、手話検定、コミュニケーション能力検定、物流経営管理士などを保有するスタッフがいる。得意分野を伸ばすスキルアップを推進し、さらなるサービス向上を目指している特徴満載の会社である。

株式会社安城自動車学校
代表取締役社長 石原 慧子 氏
愛知県安城市
電話 0566−76−8181
http://www.coaradrive.com