全てのプライズを見る

選ばれる理由

価値で選ばれる経営

自社の価値を見つけるには

価値コトバ辞典

ニュースリリース


株式会社橋爪自動車商会(更新認定)

津波で自社も全壊流出したのに、
お預かり車両を全て弁償した正直者

株式会社橋爪自動車商会 http://www.hashizume100.co.jp/

代表取締役 橋爪繁明 氏

1962年創業。経営理念「一念巌をも貫く」を掲げ、地元岩手県大船渡市及び気仙管内で、新車販売、車検、整備板金でお客様の安全で安心できるカーライフをサポート。
その特徴・差別点は次の通り:

1. 日本で2社しかできていない独自の会員制度
「愛車友の会会員制」はお客様が車の車検点検等のメンテナンス費用をその都度支払うのではなく、車検ごと2年間にかかるメンテナンス費用の合計を24等分して納める仕組み。お客様にとって車検点検時の一括支出という大きな負担がなくなり、メンテナンス費用を毎月定額で家計に予算計上できる利点がある。また会員には多くの特典サービスが提供され、費用対効果が高いと人気。自動車ディーラーのメンテナンスパックは、5年後の買い替え囲い込みが目的で、新車契約時の一括払いのため同社の会員制度の方が気軽に入会できてお財布にも優しいと評判。

2. 全国産メーカーを比較検討できる新車販売法
単一メーカー車の専売店化が進む新車販売業界で、同社は国産全メーカーの新車販売を取扱う。これによってお客様は、同社店舗にくればワンストップで自由にメーカーごとの商品を比較できる。

3. 業界で一般的な価格表示ではなく、値引きまで含めた総額表示
車両本体価格だけを表示し、付属品と税金保険料、登録諸費用等の諸費用は別途加算されるという表示方法が業界の常識である。しかしこれではお客様にとって支出する総額が全くわからない。値引きがあるとはいえ上記のものが加算されてくる。その不安感を払拭し、正直にその価格以上でも以下でもない「総額価格」で販売。

4. 東日本大震災での経験とお客様への誠意
震災当時、同社は修理や車検整備でお客様の車を34台預かっていた。その全てが津波で流され廃車。社屋も全て流された。その後、どうにか高台の店舗を借りて事業再開。その頃社長は「お預かりしていた車を弁償しよう」と決断する。同業者は10万円の御見舞金のみであった。「お客様だって一瞬にして車がなくなってしまったのだから、困っている。長年地元で事業をさせてもらってきた当社が、今、地元の皆さんの役に立たなくてどうする。そして「地元のお客様は、また車を購入される。その時ウチの営業が訪問した際に、10万円の見舞金だけであれば、『あの時は(10万円しかお渡しできず)すみませんでした』という挨拶から営業を始めなければならない。負い目、引け目を感じながら営業させたくない。」そう考え大英断を下した。

現在この経験から、苦情による再修理は全額無償修理を保証し、メーカー保証が利かないものは同社が独自に保証、車両販売については車の返品返金を受付ている。人から「橋爪は馬鹿正直だ」と言われることもあったが、それは同社の誇りでもある。まっすぐに地元の皆様へのお役立ちを続ける素晴らしい会社である。

2017年2月更新

株式会社橋爪自動車商会
代表取締役 橋爪繁明 氏
岩手県大船渡市
電話 0192-27-7227
URL http://www.hashizume100.co.jp